私の留学体験談(1)

私はオーストラリアの英語学校に留学しました。

 

他の記事で偉そうな事を書いていますが、
私の留学体験をすこし暴露します。

 

私も

「留学すれば自然に話せるようになるだろう」

とおもっていた口です。

 

もちろん努力しないとかそういう意味ではなく、

留学すれば

・周りが英語環境になって(つまり常に英語にふれて)
・気持ちもピシっとして勉強して
・あとは自動で伸びてく

そんなイメージでいました。

だから留学前、
つまり日本にいる時はとくに事前勉強もせず、

「(今は忙しいし)行ってから頑張ろう」

という感じでした。

(一応、学生時代に英検2級を取得してたので、基礎知識はあるし大丈夫だろうとタカをくくってました)

 

そんなこんなで英語学校初日を迎えました。

しかし最初に入ったのは「Pre-intermediate」という
かなり下のレベルのクラスでした。

 

英検をとってから5年以上が経過し、英語にも全く触れない生活をしていました。

久々に外人を前にしてみたら、思っていたよりも相手の話す英語が理解できない、自分自身も何も話せない、のような事になってました(汗)

 

で、その「Pre-intermediate」クラス。

約15名のクラスでしたが、
生徒の内訳は

日本人8名
韓国人7名

と、日本人と韓国人しかいない!!

(私の選んだ学校は中国人を取らない学校だったのでそんな内訳でした)

 

「これじゃまるで、日本じゃん。。」

これが最初の感想です。

 

日本人はワーホリの20代が殆どで、韓国人も同じような年代。
(自分は30代)

 

因みに韓国人も日本人と同じなんですよね。

文法問題は得意だけど、スピーキング、リスニングが苦手・・

みたいな。

 

(でも韓国人の方が、基礎力は高いです)

 

そんな人達が多数なので
「Pre-intermediate」クラスはいつも大盛況なのです。

 

そんなわけで雰囲気はわるくないですが、

良く言えばとてもアットホームな、悪く言えばぬるい環境でした。